総量規制の抜け道とも言える「おまとめローン」

総量規制というのは、消費者金融などからのお金の借りすぎによる自己破産を防ぐため、これらの業種が利用者の年収の3分の1を超えるようなお金を貸し付けることを禁止した法律上の規定のことをいいます。この総量規制は、たしかに自己破産といった悲惨な状態を防ぐ意味での効果はあるのですが、逆に本当にお金に困っていて、お金を借りたいと考えている人にとっては足かせになってしまうものです。そのため、総量規制の抜け道はないのかどうかと真剣に模索している人も多くいるはずです。
こうした抜け道の一つとしては、銀行から借金をするということがあります。銀行は貸金業法の適用を受けませんので、その借金と総量規制は関係ありませんが、逆に、消費者金融などよりも審査が厳しく、実質的に使える手段ではありません。
抜け道の第二としては、おまとめローンを利用するという手段があります。おまとめローンというのは、複数の消費者金融や銀行などから借りている既存のローンを一本化するというものです。このおまとめローンの結果として、通常は既存のローンをトータルでみたときよりも利率が安くなってきますので、返済の負担が軽減されるものです。
おまとめローンは、通常のローンとは異なり、利用者に多重債務の危険をもたらすものではなく、逆に多重債務のおそれを軽減するためのものですので、特別に総量規制の対象からは外れているのです。こうした抜け道を有効活用することによって、他にも返済期日のばらつきを防ぐなど、さまざまなメリットを享受できます。