歯科でヤニ取りをしよう!費用について

タバコは好きでも、吸うことで歯にヤニが付いてしまうのが気になるという人は意外と多くいます。ヤニというのは白いカーテンを茶色にしてしまうほど、着色性が強く、お口の中に入ることで白い歯の黄ばみにしてしまいます。歯ブラシではヤニを落とすことはできないので、きれいにするためには歯科医院でのヤニ取りを受けなければいけません。
歯科医院のヤニ取りは、保険が適用になる場合とならない場合によって費用が大きく変わります。健康保険というのは、病気に対して使われます。ヤニが付いているというのは、見た目が悪いだけで病気ではありません。そのため、保険適応外という扱いになると、1万円前後の治療費がかかります。
しかし、ヤニ取りを目的に歯科医院を受診しても、歯石が付いていることがあります。歯石というのは、歯周病などの病気の状態であるため、健康保険が適用になります。歯石を取れば、ヤニも同時に取ることができます。歯石除去をお願いすることで、ヤニ取りの効果も得ることができ、費用は1000~2000円程度で済みます。
自分のお口の中に歯石が付いているかどうかというのは、なかなか自分では判断することができません。ヤニが気になるときは、歯科医院を受診して判断してもらいましょう。歯科医院できれいにヤニを落としてもらうと、白い歯に戻りますが、タバコを吸い続けていると、だんだんとヤニが歯に付いていくので注意しましょう。綺麗な状態を保ちたいときは、定期的に受診するようにします。